借地権基礎知識

Pocket

借地権とはどのようなものなのでしょうか。借地借家法では「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃貸権」と書かれていますが、いまいちピンとこない人もいるかと思います。借地権がどのような権利なのかを知っていきましょう。

まず、借地権とは地主から建物を建てる目的で土地を借りて、その対価として地代を払うというものです。その土地を自分のものとして自由に使用できる所有権とは明確な違いがあります。こちらには新法と旧法があるので、それによっても扱いが変わってくるのです。

契約まず旧法ですが、こちらは借地契約を更新し続ければ半永久的に土地を借り続けることが出来るという特徴を持っています。また、旧法の存続期間の定めがない場合に建物が老朽化してしまって朽ち果ててしまったら借地権が自動的に消えてしまうという特徴ももっています。一方新法では、契約更新を前提としています。地主は正当な理由がなければ契約を更新しなくてはいけません。また、再建に関して地主の許可が必要ということも重要なポイントです。

新法は地主に強く、旧法は土地の借主に強いというのが一般的な見方だそうです。このような点を踏まえて、自分の借地権を見直してみるのも良いかもしれません。