借地権とは

マイホームマイホームの購入などを控えている人にとって耳に馴染みがあるかもしれない「借地権」という言葉。言葉の意味だけ確認すれば「土地を借りるのだな」くらいは分かりますが、詳しい内容については知らないという人もいるかもしれません。借地権とはどのようなものか、しっかりと知っていきましょう。

まず、借地権ですが、これは建物の所有を目的としています。地主から土地を借りて建物を建てるので、地代を払う必要があります。このことから自分の土地として自由にその土地を使うことが出来る所有権と明確な違いがあるということが分かります。さらに、旧法と新法でも詳しい内容に違いがあります。例えば存続期間。これは新法では一律で30年と定められていますが、旧法ではその建物の種類によって存続期間が変化します。また、規定の存続期間よりも短い期間で設定した場合には定めがないとみなされ法定期間が適応されるため注意が必要です。さらに、建物が老朽化によって使用することができない状態になったときにも、その取り扱いが新法と旧法で異なってきます。旧法では建物が朽廃したり滅失したりした場合には権利を主張できなかったり権利が消滅してしまうこともありましたが、新法ではこのあたりの事項が改められているため、借主に優しいと言えるでしょう。

建物を建てるときには、その法律についての知識を知っておかないと損をしてしまうこともあるようです。この記事では、あなたの不安を軽減させるような内容が掲載されています。どうぞお読みください。